MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

リンクテーブルがあるMDBでのデザインビューでの操作が重い

ネットワーク上の別PCのMDBへのリンクテーブルがあるMDBで、連結フォームやレポートをデザインビューで、コントロールの位置を変更したり、プロパティの設定を変更しようとすると非常に重くなることがあります。

データ操作が重くなる場合は、MSサポート技術情報 にあるのですが、今回取り上げたのはデザインビューでの操作ですので該当しません。
Access 2002、Office Access 2003、および Office Access 2007 のリンク テーブルでパフォーマンスが低下する

下記の掲示板で実例が挙げられてます。
moug |Access (一般機能)|データベースのサイズを落としたい (WEB アーカイブ)

難易度:

上記の解決法は上記の掲示板では回答しましたが、どれでもいいのでリンクテーブルを一つ開いたままにしておくことです。

なぜかは分かりませんがそれだけでローカルテーブルだけのときと変わらない軽さになります。

私はいままで同様に問題に悩まされていて、デザイン変更の時は、ローカルにもサーバーのデータMDBのコピーを置いておいて、VBAでリンクテーブルをすべてローカルに再リンクさせてましたが、ある時、外部とリンクしていても軽いときがあって、違いを調べてみたらリンクテーブルが開いてあったという偶然で発見しました。

もし、同様の問題に遭遇したときは試してみるといいでしょう。


以下は、念のため、、、
サーバーのデータとリンクしたままフロントエンドMDBの開発をするのは、危険なことなのでさけましょう。今回のTipsはあくまで運用時にちょっとした修正をしたい、たとえば、少し位置をずらしたい、とか、プロパティを変更したい、という小規模な変更のときにご利用ください。

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
https://hatenachips.blog.fc2.com/tb.php/42-f59098be
該当の記事は見つかりませんでした。